国研機関が活用

国研校正機関関連:各校正機関のホームページで表記されています。以下は抜粋事例です。

1. チェコ 国研校正機関

ダウンロード
MI6010Qを活用し抵抗校正サービス:チェコ国研校正機関のインタビュー記事(雑誌NCSLI 2010)
室温で運用できる電流比較型抵抗ブリッジMI6010Qを活用し、サービスをされています。(4ページ)
5017-ID-A_NCSL INTERVIEW 2010.pdf
PDFファイル 4.5 MB

2. エストニア 国研校正機関

ダウンロード
標準抵抗の自動校正システムを報告。(2006年)
エストニア_PID250026.pdf
PDFファイル 163.8 KB

3. NIST(アメリカ)

以下の文書はNISTで導入した自動直流抵抗ブリッジの動作を、そして、”commercial automated binary DCC bridge”を日常サービスに活用している、と説明しています。

 

NIST Measurement Service for DC Standard Resistors

NIST Technical Note 1458

 

”commercial automated binary DCC bridge” は導入されたMIブリッジを説明しています。

ダウンロード
NIST 校正情報
2011年にNIST校正技術者がNCSLIで”110年に渡るNISTの活動報告”をされています。2ページ目に校正室の全景が、(偶然ですが)その中にMIの機器(ブリッジ等)が写っています。(Googleで検索しました。)
NIST labo.pdf
PDFファイル 467.5 KB

4. サンディア 校正機関(アメリカ)

サンディア国立研究所(Sandia National Laboratories、SNL)は、アメリカ合衆国が管轄する国立研究所です。核兵器の開発と管理、軍事科学、安全保障の全分野などについて、国家機密に属する先進的な研究が行われています。

同機関の校正部門の報告(2016年度)の中で、運用状況の写真があり、その中でMIの機器(ブリッジ等)が写っています。

ダウンロード
サンディア 校正部門報告(2016)
2ページ目の標準室写真のなかで、MIの機器(MI6000Bと電源)が写っています。
DC Fact Sheet 2016.pdf
PDFファイル 156.1 KB

5. INRIM 校正機関(イタリア)

INRIMは、イタリアの国立研究所です。同機関の校正サービスのWebサイト(https://www.inrim.eu/services/metrology-services/electricity-and-magnetism)で、運用状況の写真があり、その中でMIの機器(ブリッジ等)が写っています。

CPEM2018 パリ(2018年7月)で、INRIM、MIで共同研究結果の発表を行います。

 

6. エジプト 国研校正機関

同校正機関 抵抗校正サービスの中核装置になっています。

左の写真では、スモークガラスのEMI遮断対応ラックに収まったMI6010Cブリッジシステムを表示しています。