· 

抵抗ブリッジの校正サービス

国研機関 NIST(アメリカ)、NRCC(カナダ)、METAS(スイス)、そしてNPL(イギリス)が抵抗ブリッジのパフォーマンスを評価する、と発表しています。1ppm以下の不確かさを求める校正装置の評価サービスを、民間機関に求めるのは難しいのが現実です。さらに、産総研でも同様のサービスを計画されていると伺っています。校正機関は皆《仕様どおり動作する校正装置を安心・安定して運用できる校正サービスができること》を希望されています。弊社に御相談いただければ、幸いです。