温度センサ(熱電対でも測温抵抗体でも)とけいそく汎用計測器で計測した結果が121℃であっても、必ず121℃であることはありません。どうすれば121℃を保証できるか、その対策手順提案です。

標準はJCSS、NVLAP に従っています。

 

フルークの校正装置、ロガーとTQSoftを組み合わせ、バリデーションシステムを構成します。

 

校正装置は多種類のフルーク装置を接続できるよう、信号通信を制御するドライバーを装備しています。弊社に、ご相談ください。

参照標準の校正は、国内JCSS校正機関に御相談ください。

メンテナンスは、全て日本国内で可能です。

 

接続可能なフルークの機器は....。

 

TQSoftをインストールするパソコンの仕様は...。

 

 


既存の有力機器(専用バリデーションシステム)から、フルークの校正装置、ロガーに変更、TQSoftを組み合わせ、バリデーションシステムを構成することが出来ます。

専用システムから、フルーク装置使ってお客様オリジナルのバリデーションシステムを作ってください。