LCRメータ校正 インピーダンスシミュレータZ1000

LCRメータの校正に参照標準は不要です。

 

1.インピーダンス変更範囲:1Ω~10MΩ

2.周波数範囲:100Hz~20kHz

3.プローブ(抵抗)直流安定性:<2ppm/年

4.10MHz周波数:

  短期安定性:<1×10^(-11) 10秒

  位相ノイズ:<-130dBc/Hz

5.暖機時間:規格精度を満足するまで5分以内

6.運用環境:温度18~34℃、湿度10~80%RH

7.電源電圧:100、120、220、240V 50/60Hz

8.保証:1年(部品、修理)

 

9.METASと共同開発

10.CPEM パリ 2018で発表

LCRシミュレータZ1000 の特長(LCRメータの校正に活用することで)

この計測器だけで運用可能。参照標準は不要です。
 自動化した操作。
人が操作することによるエラーはない。
校正範囲の全域をカバー
シミュレーション法を活用。
校正不確かさが小さい。

 

メジャーメンツインターナショナルのモデルZ1000は、スイスのMETASが最初のプロトタイプ設計テストしました。 LCRメータをより良い方法で校正するための必要性と要件を満たすように設計しています 現在のLCRメータを校正する方法は、トレーサビリティを維持する非常に正確なインピーダンス標準(インダクター、コンデンサー、抵抗器)が必要であり、校正作業は時間がかかり、測定手順を複雑にする操作が必要になります

従来の方法のもう1つの大きな欠点は、参照標準は通常-90度(コンデンサー)、0度(抵抗器)90度(インダクタ)に近い10進値位相角を持つため、LCRメーターの測定能力のごく一部しかテストできないことでした。計測器Z1000 iシミュレータ発売により、LCRメータの校正作業が新しいレベルに引き上げられま Z1000iは、100 Hz〜20 kHzのシミュレートされたインピーダンスでLCRメータフル校正することが可能で、外部標準必要なくLCRメータの校正作業をはるかに使いやすいシンプルな方法を提供します。

LCRメータ(外部インダクタ、抵抗器、コンデンサ)のキャリブレーション現在の方法を理解されている場合、作業に非常に時間がかかり、複数の手動操作があることに気付かれるはずです Z1000は接続作業等、最小限の手動操作は必要ですがユーザーフレンドリーな操作ソフトウェアを活用して、セットアップの自動検証と自動切り替えおよび簡単なステップバイステップ操作で測定を実施できるようしています。

有効性も実証しています。

 

ダウンロード
インピーダンスシミュレータ Z1000 日本語リーフレット
Z1000_Data_Sheet_Japanese.pdf
PDFファイル 304.5 KB
ダウンロード
インピーダンスシミュレータ Z1000
測定器Z1000 iシミュレータは、100 Hz〜20 kHzのシミュレートされたインピーダンスでLCRメータをフル校正することが可能で、外部標準も必要なく、LCRメータの校正作業をはるかに使いやすいシンプルな方法を提供します。
Z1000.pdf
PDFファイル 445.7 KB

METAS 技術報告の抜粋です。