直流 DCCTの校正システムです。実績は信頼を証明します。

CERN, NIST, IHEP, 韓国で活用いただいているモデルです。CERNでの校正システムの運用開始から、概ね20年です。

精度 ppmオーダです。

MIは被校正素子に1mΩ以下の低抵抗を校正するシステムを紹介しています

150A、300A、さらには3000Aまで計測電流を実際に流し”抵抗計測するシャント抵抗計測システム”、”変流器の出力を校正するシステム”です。

シャント抵抗器をJCSS校正するツールです。

直流変流器を校正するツールです。

構成システムはモジュール化していますので、お客様の目的に従って仕様変更することも可能です。

17025認証を受けて、お客様の作業支援、作業設計、校正サービスをさせていただきます

 

詳細は... 

ダウンロード
シャント抵抗、直流変流器の校正
シャント抵抗.mp4
MP4動画/オーディオファイル 798.9 KB

メジャーメンツインターナショナル(MI)のDCCT測定システムは、市販システムで最高の精度と最低の不確実性を実現しています。高電流レンジエクステンダを活用し、MIモデル6010およびMIモデル6242の測定機能を拡張し、より大きな電流でより小さい抵抗値を測定することで <20ppm @10uΩから0.1ppm @1Ωおよび0.1ppm @10kΩの計測不確かさを達成しています。

MILは最初に自動抵抗ブリッジ校正システムを開発しました。最新の電流コンパレータの技術を活用したDCCT測定システムは、明らかな測定原理に基づいて設計しています。 メジャーメントインターナショナルは最初に自動抵抗測定システムを開発しました。業界で最新の電流コンパレータの技術を活用したDCCT測定システムは、明確な測定原理に基づいて設計しています。 国研機関(NMI)がサービスされる直流抵抗の校正分野に、可能な限り小さな不確かさでトレーサビリティを維持することが必要な校正機関のサービス両方で活用いただける専門技術を持っています。

 

MIDCCT校正システムのユーザはCERNNISTIHEP(中国国研)です。現在運用中です。

 

御客様のサポートパートナーとしてMILは、コーチング、システム設計、導入、校正サービス、および継続的な専門家サポートを通じて、すべてのMI製品との競争上の優位性を保証し、優れた製品知識およびアプリケーションの専門技術を提供します。

 

MI 6010および6242シリーズのDCCT測定システムは、市販の計測システムの中で、最も広い計測範囲で最も不確かさが小さくシステムを提供します。反転スイッチを使用して正電流振幅と負電流振幅を切り替えることで両極性の電流不整合による誤差を無視できるようにしています。

 

MIはこれを提供する唯一のメーカです。

 

DCCT 校正システム紹介論文

Design and Verification of a 24 kA Calibration Head for a DCCT Test Facility

 

CERNDCCT校正システムとしてMIシステムを、1999年から活用されている、と紹介しています。運用中です。

IEEE TRANSACTIONS ON INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT, VOL. 48, NO. 2, APRIL 1999

 

A Novel Current Calibration System up to 20 kA

CERNDCCT校正システム、校正不確かさを紹介しています。

 

IEEE TRANSACTIONS ON INSTRUMENTATION AND MEASUREMENT, VOL. 52, NO. 2, APRIL 2003