1992年に最初の自動一次抵抗ブリッジ6010A(自動抵抗ブリッジ6010の一号機)を開発、発売しました。当時の精度は0.1ppm。以降、開発した計測器の品種は拡大しています。

 

以下のメータは100kΩ以上、1MΩ以上の高抵抗、超高抵抗を計測する装置です。精度はブリッジには及びませんが、使いやすさを優先させたメータです。

 


 

テラオームメータ/高抵抗計測器を更新計画される場合に、最適の計測器です。

(ベーシックモデル、プレミアムモデル)

 

計測範囲 1MΩ~100TΩ

(参考) 1MΩ校正時の不確かさ 150ppm

(参考) 10MΩ校正時の不確かさ 150ppm

(参考) 100M校正時の不確かさ 150ppm

 

直接計測、抵抗代用計測

 

詳細は...