抵抗ブリッジとは

抵抗ブリッジとは · 25日 7月 2019
直流抵抗ブリッジの動作には、世界中の技術者は興味を持たれるのだろう。 某国研の技術者は理解された内容を論文で紹介していた。 ユーザはセトルタイム(計測電流の極性切換時間:チャートのtFCの1/2)、計測電流Ixを設定する。 (チャート図の説明) ある極性の計測電流を流す。 電流値は徐々に増加、その変化する電流値に従って被校正の抵抗器に電圧が発生する。 変化する計測電流が一定になったタイミングで過渡的は電圧が発生する。(点線) 前記の一定になったタイミングから時間twを待って計測を開始する。(tsの間に) tsを待って計測電流を切り替える、 といった内容でした。 ppm以下の不確かさで計測する工夫です。
抵抗ブリッジとは · 28日 2月 2019
某公的機関の抵抗ブリッジに対する要求仕様: 100μΩ~100MΩの被校正の抵抗値、0.1~100Aの電流源で精度は0.1μΩ/Ωであること。 ただし、最も重要な要求事項は被校正の抵抗値中間域の校正データの収集、平均値を求めるまでの時間は5分以内に実現できること。 これが実施できるのはMIブリッジだけです、とコメントを戴く。(感謝) G minimum requirements for the resistance ratio bridges require a resistance range of 100 μΩ to 100 MΩ, and a source current range of 0.1 to 100 mA with a basic accuracy of 0.1 μΩ/Ω. Most importantly, the resistance bridge must be capable of performing middle range measurements rapidly with results averaging 30 readings in five
抵抗ブリッジとは · 18日 12月 2017
抵抗ブリッジとはどんな装置?とお客様に質問すると、精密抵抗計測に使用するダイヤル操作の手動装置、使いにくい装置、今はもう余り使われていない装置、という誤解が多い。 現実には、校正機関では最高精度の計測器として使われてますし、操作は全自動、計測結果はパソコンで自動収集とする、という具合です。