カナダ国研機関

カナダ国研機関 · 08日 12月 2017
「ブリッジの抵抗比測定を、第三者の公的校正機関に実施してもらいたい」、との要望はあるようです。0.1ppm以下の精度で抵抗ブリッジを評価をすることにはccc等を活用することになり、民間機関が自分で実施するのは現実的ではありません。以下のNRCCホームページにサービスの詳細を説明しています。さすがにカナダの機関のサービスです。 https://www.nrc-cnrc.gc.ca/eng/solutions/advisory/calibration/electrical_standards.html 世界には、”カタログ・リーフレットの仕様は、本当に発揮するのか?、”、”購入したけど、本当にパフォーマンスは出てるのか?”、との正直な疑問をお持ちの御客様がいらっしゃるようです。 追伸 もちろんMIの抵抗ブリッジは、仕様どおりのパフォーマンスを、問題なく確認していただけます。 METAS(スイスの校正機関)でも、精密抵抗比校正のサービスをしている、との リーフレットを確認した。 抵抗値 0.1Ω~10kΩ 不確かさ 10 nΩ/Ω 参照する抵抗値の不確かさ 5nΩ以下 詳細な