DCCTの校正

DCCTの校正 · 29日 7月 2019
メジャーメントインターナショナルが開発した20,000kA直流比較器(DCC)レンジエクステンダは、スイスのジュネーブ近くの欧州原子力研究機構(CERN)における大型ハドロン衝突型加速器(LHC)の直流変流器(DCCT)の校正に使用されている。 カナダの国研(NRC)が最初に考案した設計に基づいてMIは製品開発をしていましたが、20,000 kAレンジエクステンダを開発するために10年以上前CERNがアプローチした。 大型ハドロン衝突型加速器は、宇宙の創造を研究テーマにする高エネルギー物理学実験で素粒子を研究するために設計された円形27kmの粒子加速器です。 MIの創業兼CEOのデュアンブラインは、CERNの技術エンジニアから以下の言葉を受けています 「MIの開発した装置(レンジエクステンダ)がLHCの最も重要なDCCTの評価と校正において不可欠な装置であることを誇りに思います。」 http://mintl.com/about-measurements-international/success-stories/